企業活動で欠かせない手続|給与計算をアウトソーシングすることで軽減されること

企業活動で欠かせない手続

オフィス

複雑な税金計算

適切な会社運営を継続するためには、企業活動に関わる数字を把握しておくことが重要です。売上の進捗状態や経費が予算オーバーしていないかという点は月に一度集計され、月次決算という形で経営者の目に触れることになります。月次決算の積み重ねが年次決算となり、決算申告に繋がります。一般的に、決算申告とは所轄の税務署へ法人税の申告を行うことを指します。企業活動で得られた利益を申告して法人税を納める確定申告のような手続です。法人が納めなければならない税金には他に住民税や消費税がありますが、これらの納税申告も決算申告に含まれます。取引の種類や回数が増えるに従って、税金計算も複雑になるため、事業規模に応じた税理士にアドバイスを求めるのが良いのです。

早めの相談で節税対策

決算申告に必要な書類を作るためには、経理の知識だけでなく税金のルールに関する知識を持ったスタッフが不可欠です。しかし全ての企業が決算申告の専門スタッフを常時雇用してはいられません。近年では経理の初心者でも使いやすい会計ソフトが充実しており、日々の集計作業は社内で行い、決算申告のときだけ税理士に書類作成を依頼するパターンが多くなっています。税理士側にも得意とする業種や企業規模があるため、できれば決算申告を担当する税理士本人に直接会ってから依頼をした方が、自社にとってより適切なアドバイスを受けることができます。また、決算日を迎える数ヶ月前から余裕を持って相談すれば、節税対策を打つこともできるのです。