自殺やうつを未然に防止|給与計算をアウトソーシングすることで軽減されること

自殺やうつを未然に防止

社内

メンタルヘルス不調を発見

産業医契約を結んでいる会社も多くありますが、主にその仕事は健康診断の実施などになっていることがほとんどです。事業所内の健康的なケアについて動き出す事例もありますが、メンタル面まで届かないのが実情です。しかし社会では実際にストレスなどによる自殺やうつの発病などが数多く事例報告されています。これらを改善するべく企業に義務付けた制度がストレスチェックです。2015年に厚生労働省が義務付けを行っています。しかし具体的な処置方法や対策方法が明確になっていないこともあり、50人以上をかかえる企業でもストレスチェックを実施していない企業も数多くあります。闇雲に実施しても逆効果になることを懸念しているからです。

具体的な対策が必要

ストレスチェックは、メンタルヘルス不調を未然に防止する為に行うものです。一次予防とも呼ばれており、ストレスによるメンタルの不調は早期に発見し、早期に解決することが大事なポイントになります。しかし自己コントロールが難しいことと、雇用の多様化、就職難などにより感じていても我慢してしまう人も数多くいます。そのため外部機関によりチェック機能を強化させることで未然に防止する事を目的としているのです。アルバイトやパートを含むためほとんどの企業がこのストレスチェックの対象となります。今後、ストレスチェックで出た結果に基づきどのように対応すべきなのかを具体的に検討する必要があります。現段階では産業医との面談などにとどめているケースがほとんどです。