自殺やうつを未然に防止

社内

厚生労働省により50人以上の従業員を抱える企業に対してストレスチェックを開始しています。これはメンタルヘルス不調を未然に防止する一環で開始したもので職場の改善を行う事が目的となっています。しかし具体的な対応策などはまだない状態です。

読んでみよう

企業活動で欠かせない手続

オフィス

決算申告で提出する書類を作るためには、経理の知識だけでなく税金の知識も必要になります。専門家である税理士にもそれぞれ得意とする業種があり、自社の企業活動にあった税理士に相談することで節税に関するアドバイスを得ることができます。

読んでみよう

管理で欠かせないシステム

男性と女性

企業が掛けで売り買いを行った場合に、その金額や支払期日などを管理することが債権管理である。債権管理では、システムを用いて管理されることが一般的である。システム化により、確実に処理でき管理の手間が大幅に削減できる。

読んでみよう

人事業務の効率化

計算

負担の軽減

会社の人事部門は、少人数のスタッフで大量の人事労務関連の業務をこなさなければならない為、一人あたりにかかる負担が非常に大きいです。とりわけネックになっているのが給与計算です。給与計算業務は締め日の後、支払日に確実に間に合わせなければなりませんが、金融機関に振込依頼をする場合、支払日より前にデータ提出を求められる為、きわめて短期間でこなさなければなりません。加えて、標準報酬月額の改訂や年末調整といった業務も1年の中で必ず行わなければなりません。人事部門の負担を軽減するためにも、給与計算はアウトソーシングすることがおすすめです。アウトソーシングすればスタッフの事務負担は軽減され、他の人事管理業務に注力することができます。

委託する方法

給与計算をアウトソーシングしようと思えば、まずは委託先を探すことから始まります。給与計算代行は社会保険労務士や税理士といった法律の専門家の事務所で行われている他、民間の事務アウトソーシング業者でも給与計算代行を行っているところは数多くあります。いずれの委託先にしても、正確に大量の給与計算をこなし、なおかつ社会保険や税務などの法改正に対応することに長けていますが、肝心なことは、自社の給与規定を余すところなく全て相手先に伝達するということです。遅刻や欠勤をした場合でも、社内の規定で賃金減額をしなかったり、一部の手当については減額を行わないケースもあります。行き違いがおこらないよう、会社と委託先とでコミュニケーションをとるようにすれば、確実に給与計算を代行してもらうことができますし、確実に事務負担を軽減できることにもなります。